幅広く利用

木と太陽電池

金網とは、金属の線のようなものを織り込み「網」のようなものにした物のことです。使用用途は、調理用具で餅を焼く網や焼肉のバーベキューの際の焼網として家庭でも多く使われています。こちらを扱っている業者としては、OKUTANIという会社や専門のサイトなども存在しています。OKUTANIさんでは、6つのカタチの金網の種類以上に様々な種類を扱っています。京都の金網つじというものは、作成をすべて人の手で作成しています。京金網の起源は、平安時代にまでさかのぼることができる…という歴史のある工芸品です。その商品も、新しいものを次々と取り入れていまして、コーヒー匙やとうふすくいなど身近なものばかりです。工芸品といっても気軽に使えます。

金網には様々な用途によって形を変えて使用できます。主に6つあります。まず織金網とは、建物の空気を入れ替えをしたいが虫が入ってくるのが嫌だ、という時の網戸に使われているものです。亀甲金網とは、六角形に編んだもので、主に鳥小屋や、空調のダクトの一部に使われる物です。クリンプ金網とは、バーベーキューの網に使われているもので、他にも鳥がダクト内に入ることを防ぐ目的として使用されます。タフクリーンとは、ひし形に編まれたもので、表面は平らで抵抗が少ないという特徴を持っています。パンチングメタルとは、金属の板に穴をあけたスクリーンのことであり、風量抑制に使われます。最後の溶解金網とは、接合部分が溶解によって接着されているため軽量化ができたものです。脱水機など遠心分離機に使われています。